スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
元気の出る指標
- 2008/04/03(Thu) -
 今日ある会社で、業績管理指標について話をしていました。

 「ある業務において、ミスを多発する人がいる、そのせいで、生産性が上がらない」とのことでした。

 業績評価指標といった場合、結果を表す指標とその為のKFS(成功要因)を管理する指標とが必要です。

 例えば、このケースだと、

 結果を表す指標は、「生産性に関する指標」

 では、KFSは何か?聞いてみました。

 答は、「ミス発生率」でした。

 2つのことを思いました。

 そのミスを防ぐための活動とその活動がうまくいっていることを示す指標は何か、そこまで深堀して欲しいということ。

 そして、仮にミス発生率を管理するにしても、ミス発生率といった指標で叱責するよりも、逆に「良品率」を管理し、その少しの改善を認め褒めること、減点よりも加点主義のほうが意識づけにおいては有効だろうということ。

 業績管理は楽しくやることがひとつのポイントです。

 締め付けになってしまうと、成果はあがりにくくなります。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
プチッとひと押し
お願いします



 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<政治意識調査アンケート | メイン | ガソリン値下げ、管理会計的に見ると>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/173-448aea98
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。