スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中小企業特有の課題
- 2008/03/17(Mon) -
 近々、企業経営者、大学の先生、公的機関、経営コンサルタントなどのメンバーで中小企業経営についての研究会をやることになりました。

 主催者は、私の古くからのコンサルタントの友人です。

 始めるにあたって、中小企業特有の課題については、私自身で考えてみました。

 もちろん、人・モノ・カネ・情報・・・経営資源において、大企業に劣っている、そんなことは私が申し上げるまでもありません。

 中小企業には、優位性もあります。

 ・意思決定の早さ
 ・小さいが故に個々の貢献が見えやすい
 ・会社によってはベンチャー精神が高い

 ところが、これら優位性を十分に発揮できていないことが多いようです。

 考えてみました。

 列挙してみると、経営資源の不足以外に大きかったのは、トップの限界でした。

 ・情報の公開性が低いため、組織内の信頼関係がなかったり、正確な判断に支障があったり
 ・情報フィードバックが遅いため、迅速な対応がやりにくいばかりか、動機づけ面でも問題があったり
 ・対応がトップの嗜好に強く左右されるため、真に重要なことに本気で取り組めないことがあったり
 ・科学性なき精神論中心の指導によって従業員が白けていたり

 もちろん、これらは特に問題が多いケースをあげており、こんなトップばかりではありませんし、これら全部に当てはまるトップは少ないでしょう。

 でも、こられ1つにでも該当すると、結構経営には大きな悪影響があります。

 経営者の皆さんは、コンサル風情の言葉と軽視なさらず、一度お考え頂きたいのです。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
プチッとひと押し
お願いします


活力ある中小企業が日本を支えています!

この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<またまた超人気講師のセミナーを受講 | メイン | お茶会>>
コメント
-トップの資質-
確かにおっしゃる通り、トップの資質・能力によって限界点がでてきやすいのが中小企業経営ですね。

理想と現実との間のギャップの冷静な分析力と科学的見知と非科学的部分と・・・

大企業はそれをその資質を分担できますが、中小企業は資質分担がなかなかできずに、トップ一人で抱え込んでしまう、抱え込まないといけない状況が生じるのが問題でしょうね。

私は、「ヒト・モノ・カネ・情報」の中でもとりわけ「ヒト」が重要ではないかと思っています。
2008/03/17 18:36  | URL | 徳山 #-[ 編集] |  ▲ top

--
徳山様
いつもありがとうございます。
そうですね、トップの器が会社の器とも言います。
一方では、トップが全て抱え込んでしまうというトップの悲哀もありますね。
そんなトップの悲哀も見据えたご支援ができればといつも思っています。
2008/03/17 18:50  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top

--
確かに中小企業の場合、トップの限界で、決まってきますね。

大企業の場合、一定の導入すべき新たな手法は、分担して、会社の資産になっていきますが、中小企業の場合、トップもそれについてある程度勉強して、使いこなせないと、社内を変えていきにくように思います。

あと、中小企業の経営者で、人によっては、欠けているのがあるとすると、
・ロジカルに考える習慣
・コミュニケーション能力(傾聴からファシリテーショスキルまで)
の二つではないでしょうか。
これら、大きな組織で、鍛えられチャンスがない場合身につかない場合ありますね。
so
2008/03/19 13:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

--
soさま
ほんと、おっしゃる通りだと思います。
2代目以降の社長さんの場合は、結構勉強熱心な方もいらっしゃいますが、創業社長さんの場合、成功体験への固執が強く、あまり自らの得意分野の外に出ようとなさらない方も多いように思います。
結果、様々な有益なノウハウを取り入れることに熱心ではなくなってしまいます。
ロジカルではなく、成功体験をベースにした直感。
ロジカルシンキングを前提として、最終的に直感に頼ることは全く悪いとは思いませんが、いきなり感覚のみに頼るのは危険ですね。
それと、スーパーマン社長にとって従業員の言うことなどまどろっこしくって、聞いてられないという方も多いように思います。
でも中には、創業者でも常に自ら反省しつつ、こんな罠にはまらない素晴らしい方もいらっしゃいます。
こんな方に人は惹かれるんだと思います。
2008/03/20 10:29  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/163-27603a28
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。