スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営方針と業績評価 その2
- 2008/02/23(Sat) -
 「何故経営方針は徹底されないのか?」でした。

 以下は、私が経験的に感じている点です。

 ひとつ目の原因は、聞かされる社員の側と経営方針を作った経営幹部との間の情報の量と質におそろしい開きがあるということです。

 つまり、
 ・もともと情報は依然として組織ピラミッドの上層部に集中する傾向があること(社長さんが当たり前だと思い当然の前提として考えていることを社員は全く知らないなどということはよくあることです)

 ・一方で現場の情報が正しく上層部に伝わるという保証はなく、現場と上層部において感覚的なずれが生じることがむしろ普通であること

 ・幹部間の討議というのはある意味情報と情報とが融合することによる新たな情報形成プロセスであり、その場にいない限り本当の意味でそれを理解することは困難であること

などの点を指摘することができます。

 二つ目の原因は、一部の幹部によって作られた経営方針などというものは他人がつくったにすぎない、いわば他人事であり、どうしても自分のものとして捉えることが困難が場合が多いということです。

 人間というのは不思議なもので、たとえそれが正しいことであると理性的に理解できても他人からおしつけられると積極的にはなれないものです。

 このように、そもそも経営方針などというものは、その成り立ちからして徹底されない運命にあるのです。

 しかも、このような経営方針は、その実施段階においても悲惨な運命をたどることになります。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
プチッとひと押し
お願いします


部下を責める前に、まずうまくいかない理由を一緒に考える、
そんな姿勢が経営者と管理者には求められます




この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<セミナーと研修の1ヶ月半でした | メイン | 経営方針と業績評価 その1>>
コメント
--
経営方針の徹底は、経営者にとっての大きな課題の一つですね。

いくら優れた戦略の立案ができても、
徹底できない⇒実行されない⇒成果が上がらないという、チェーンに入り込むと、なにをしていたのかと、後から後悔することに・・・

まずは出発点で、経営側があらゆる機会をとらえて、徹底するという意識を、いつも持ち続けるということから、はじめることと、感じています。
2008/02/24 09:05  | URL | so #-[ 編集] |  ▲ top

--
soさん
いつもご意見ありがとうございます。
そうですね。
それと、限界はありますが、仕組みで徹底することを考えたいと思っています。
2008/02/24 22:21  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/149-1d10b7a9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。