スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
管理会計は経営論です。
- 2007/12/31(Mon) -
 管理会計を職業会計人の特殊な世界と考えている人がたまにいらっしゃいます。

 会計には、制度会計と管理会計とがあります。

 制度会計は、法律に則って企業外部の利害関係者に情報開示を行う為の会計です。

 会計士さんや税理士さんの主たる専門領域はこの制度会計の分野です。(もちろん管理会計に造詣が深い職業会計人もいらっしゃいますが)

 制度会計のことを私は、「遵法会計」と呼んでいます。

 それは、法律を良く理解し、その法律の要求に応えるということですから、制度会計の世界は、法律論の世界です。

 一方、管理会計、これは経営者をはじめとした企業内部の人々の為の会計です。

 これは、まさに「上手に経営を行うための会計」つまり経営論であるわけです。

 ですから、法律よりも、経営をよく理解した上で行うべきものが管理会計なのです。

 個々の企業における、経営戦略マネジメント制度・人材マネジメントの特性などを理解し、場合によってはこれらの再構築を視野に入れた上で行うべきものです。

 つまり、管理会計経営論なのです。

 数字を使うことによってなすべきこと、それは人と組織の力を最大限に引き出すことです。

 数字で人と組織を管理する、と言うと「ノルマ管理」を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、管理会計によって目指すべきものは、そんなものとは根本的に異なるものです。

 数字を使って"人間本来の内に秘めた力を引き出す"ためにはどんなことを行うべきか、あるいは有効な戦略を立案し、これをマネジメントするために会計はどう貢献できるか、こんなことを常に探求していく、これこそが管理会計の世界なのです。

 例えば数字を道具として使い、組織内で情報を共有すること。

 「情報がオープンで誰の目にも見えること」これは、人の力を引き出すための最も基本的な事柄です。

 あるいは、計画立案・実行・進捗チェックといったマネジメント・プロセスに従業員を参画させるということがありますが、そのためには上手な数字の扱いが絶対的な前提になります。

 全体戦略~経営資源の適正な配分~や事業戦略を立案するには、数字を使った正しい事業の評価やコスト構造の分析などが不可欠です。

 数字を使った科学的なマネジメントを前提とせずに、「決定への参画」あるいは「経営への参画」などを行っても、そこに待っているのは単なる衆愚政治、あるいは場の雰囲気や多数決、場合によって権力者による鶴の一声による成功の可能性の低い非科学的な決定でしかありえません。

 数字そのものは冷たいものです。しかし、そこに人間理解をベースにおいた思想と戦略マネジメントという技術を味付けすることによって、それ(数字)にはたちまち血が通い、活き活きと動き出すのです。

 このような考え方を基本に、来年も管理会計を軸に据えた経営のあり方を語っていきたいと思っております。

 本年はたくさんの方々にこのブログをお読みいただきました。

 読んで下さる人がいる、そのことがどれだけ私の仕事や生活において励みになったかわかりません。

 心からの感謝の気持ちをこめて、

 「誠に有り難うございました。」

 皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
プチッとひと押し
お願いします


来年も管理会計のハービストです!


この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<願いのかなえ方 | メイン | ほめることは大事>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/125-aa90ea1d
-会計人コース 2008年 02月号 [雑誌]-
会計人コース 2008年 02月号 [雑誌]・〔会〕021 のれんは、自己創設のれんの計上は認められない・【中小企業診断士】毎日やろう!財務会計(^o^)ノ・予備校さま・・・!ごめっ!・企業会計の国際的潮流・企業会計・市町村決算:昨年度、歳出入縮小続く 39市町村で企業... …
2008/01/20 05:51  あまねの記録 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。