スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営者を育てる
- 2007/12/16(Sun) -
 この金曜日、今年最後の研修をやってきました。

 顧客は、大阪の中堅のプラスチック成型業でした。

 業績は、非常に優良です。

 この会社では、超微細加工技術を背景として、最先端のエレクトロニクス製品などの部品を製造しておられます。

 この会社では、トップの卓越したリーダーシップのもと、早くからデジタル技術への対応と海外生産を軌道にのせておられ、今日の大成功をものにしておられいます。

 ただ、一方で、将来の経営者育成にも熱心に取りくんおられ、そのような一貫として私も計数管理に関する研修でお手伝いしたわけです。

 この会社では、単なる研修といったことにとどめるのではなく、より総合的な視点で人材育成を考えておられるようでした。

 例えば、20歳代の若い社員を、海外工場の工場長として送り込むなどということが行われています。

 「日本企業の問題点として、優秀な管理者は育つが、優秀な経営者は育ちにくい」、「日本企業の経営者の多くには優秀な管理者としての能力はあるが、経営者としての能力には欠ける」などということがよく言われます。

管理者と経営者


 上の表は、管理者と経営者との違いを、「実践経営学―松下幸之助に学んだ自主責任経営とは 」(小川守正氏著)を参考に整理したものです。

 経営者を育成する最も近道は経営者を体験させるということです。

 この会社では、そのことが強く意識されているようでした。

PS:
人づてに聞いた所では、私の研修を聞いて下さったこの会社の会長さんから、「櫻井先生は難しいことを本当にわかりやすく話される」とお褒めの言葉を下さったとのことでした。
講師にとって、最高の報酬です。
すみません、ちょっと自慢めいてしまいました。
でも、会長さんが自ら終日研修につき合って下さる、それだけでもこの会社の教育に対する熱意を感じられませんか?


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
プチッとひと押し
お願いします


経営者的人材の育成、急務です!

この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大阪活力グランプリという賞 | メイン | 研修続きです>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/115-89093ae6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。