スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
JALホテルとアメーバ経営
- 2014/09/29(Mon) -
先日金沢に出張した時のことです。

宿泊先は、セミナー主催者様がご用意くださった金沢ニューグランドホテルでした。

金沢の中心街にあるちょっと豪華なホテルですが、地方都市ということでもあり、宿泊料は意外に安くシングルだと5000円~8000円ぐらい。
(私はツインをご用意いただいていましたのもうちょい高くついていると思います)

朝、ホテルを出発する折、ロビーにCAさんを発見。「どこのCAさんかな」、と思ってユニフォームをよく見ると「JAL」の文字。

金沢駅前には豪華な日航ホテルがあります。昔なら当然の様に日航ホテルに宿泊されたことでしょう。

実は、日航ホテルは、先の経営再建の一貫で2010年からホテルオークラグループ入りしています。

そういうことなんですね。売却によってグループ外になったので利用しないんですね、、、本当にそうだろうか?

もし、売却していなかったらどうだったんだろうか?

想像してみました。

私は、もし売却しておらず、日航ホテルがグループ内にとどまっていたとしても、CAさんやパイロットさんたちは他の安いホテルを利用していたのではないかと思うのです。

その理由は、アメーバ経営にあります。

アメーバ経営においては、それぞれの利益責任体(プロフィットセンター)としてのアメーバは、自らの採算性を高めるためには、グループ内からの調達が可能であっても、外部調達の方が有利であると判断すればそれが許される仕組みになっているはずです。

そうすることで、買い手側はコストダウンを実現し、

売り手側は、「グループ内なのだから利用してもらって当然」なという甘えを捨て、利用してもらうためには何が必要かを真剣に考えるようになる。

というわけです。

本当のところはわかりませんが、、、


---------------------------------------------------
電子書籍、櫻井道裕の戦略的管理会計プロフェッショナル養成講座シリーズ
Amazon Kindle Digital Publishing
上位快走中

たった250円~380円で「目からウロコ」体験を!
会社数字、これを知らないと恥をかきます。

  



大阪発、会計事務所を指導するほどに
管理会計に強い経営コンサルタントのサイトはこちらです。
大阪発、管理会計ナンバーワン経営コンサルタント

スポンサーサイト
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。