スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
成功体験への埋没
- 2013/03/29(Fri) -
 今日のテーマは以前も扱ったものですが、非常に重要性を感じますので、再度扱いたいと思います。

 昨日あるカタログ通販会社の株主総会に参加してきました。

 通信販売業界は、ネット通販を中心に急速な成長をしていますが、一方で大手のカタログ通販会社の業績には勢いがありません。
 
 常々感じていることがあります。

 堺屋太一氏がその古典的名著「組織の盛衰」の中でこんなことを書いておられます。

ある事業で一度成功すると、その成功の功労者たちが組織の中の主流派になり権威と権力を強める。このため、その人たちの専門分野の権限が拡大し、以後の判断も成功体験分野からの視点に偏するのである。
(組織の盛衰 堺屋太一著 204ページから引用)



 カタログ通販には非常に高度な蓄積したノウハウがありそうです。

 媒体開発、媒体ミックス、商品選別、カタログ掲載素材制作、カタログ編集、カタログ印刷、顧客情報管理、発送先絞り込み、発送・・・長年に渡って蓄積されたノウハウはさぞかし高度なものであろうと想像されます。

 ただ、大きな欠点があります。

 たとえば、商品鮮度です。

 株式会社ポイントというアパレル小売業があります。優れた事業戦略に贈られる賞であるポーター賞の2009年受賞企業ですが、この会社の、

  商品企画開始から店頭に商品が並ぶまでの平均日数は45日

と報告されています。

 成長著しいネット通販における強みのひとつも、この鮮度維持にあることは自明のことです。

 消費者嗜好の変化など環境変化に即座に対応して掲載商品やサイトデザインなどを変えることで、市場に対応できるのがネット通販の利点です。

 カタログ通販では、商品企画・カタログ制作にどうしても時間を要してしまい、この鮮度において大きく後れをとってしまいます。そのことはカタログ通販というビジネスモデルの持つ重要な欠点なのです。

 つまり、これまで成功してきたカタログ通販というビジネスモデルをそのままの形で固執することは、将来にむけた成長の芽をつむことになります。

 カタログ通販会社もすべてネット対応はしておられます。ただそれは単に受注をインターネット上行わせるという意味以上のものはあまりないように思えるのです。あくまでカタログ掲載商品がメイン商材ですから。

 かつて、張り巡らされた代理店網が強みであった損害保険会社、有能な営業マンが強みであった生命保険会社や証券会社、これらの強みは、外資によるネット販売の登場によって、逆に足を引っ張ることになりました。

 これに対抗するには、過去のしがらみをたち切り、過去の成功体験への固執をやめること以外にはありません。

 培ったノウハウの中の何が新たな取り組みにおいて有効に機能するのか、何がもはや過去の遺物なのか、客観的かつ冷徹な目で見分ける取り組みが必要です。

超少人数・短時間・低価格の社会人のゼミ、櫻みち経営塾の経営ゼミ
→ 相対目標も踏まえた業績評価のあり方を考える4月18日業績管理の2テーマ
 御社の業績評価制度が人を活性化しない本当の理由(ワケ)
  ・組織活性化を目的とした部門別業績管理
  ・業績評価の考え方、エッセンシャル
スポンサーサイト
この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
予算=固定的絶対目標に代わるもの
- 2013/03/11(Mon) -
少し前に「予算の弊害」について述べました。

今回は、特に予算を目標として業績評価するといことの問題と、解決の方向性について私の趣味のひとつであるマラソンを例にとって述べてみたいと思います。

業績評価を予算という絶対目標を基準に行うと、

・低い目標設定した者が得をする
・そもそも公平な評価に資する適正な目標などというものは人知では知り得えない

などといった問題があります。(これは前回申し上げた通り)

では、何を基準に評価するのか?

マラソンを例にとりましょう。

市民ランナーである私の目標は、フルマラソンを3時間台で走ることです。つまり、当面の目標は3時間59分59秒です。
これは固定的な絶対目標です。

コースのアップダウン、当日の気温や風あるいは晴天か降雨かなどといった条件は関係ありません。
とにかく3時間59分59秒です。

仮にものすごい追い風のおかげで3時間59分で走れたとしても、目標達成となります。

ですから、走りながら常にその時々の平均速度をモニターしながら5分40秒/km(フルマラソンで4時間を切るために必要な速度)を下回るようにコントロールします。

一方、オリンピックなどの国際大会に出るエリートランナーの目標設定はどうでしょうか?

確かにタイムという目標もあります。
オリンピックなどの選考会でタイムを条件にすることもありますから。
(昨日の名古屋ウィメンズマラソンがそうでした)

ただ、例えばオリンピックに出場したときの最も重要な目標は何か?

そうです。

それは順位なのです。

彼らはタイムという絶対目標ではなく、ライバルに勝つという相対目標を念頭において走ります。

その時の条件次第で、レース全体のペースは変わります。

そのときどきの状況変化に応じて臨機応変に自らのペースをコントロールします。

必要となるスピード・ペース配分は刻々と変化します。

固定的な基準を持って走る市民ランナーとは大違いなのです。

そう、予算という呪縛から逃れる一つの方策は、

絶対目標に代わる相対目標をいかに持つか、ということになりそうです。

それは必ずしも簡単ではありませんし、注意するべきこともありそうです。

それに、相対目標を持つだけでは経営管理には不十分です。

相対目標を持ち、それを達成するためのマネジメントシステムを構築することが重要なのです。

(つづく)

超少人数・短時間・低価格の社会人のゼミ、櫻みち経営塾の経営ゼミ
→ 相対目標も踏まえた業績評価のあり方を考える4月18日業績管理の2テーマ
→ バランススコアカード戦略事例演習
→ やるべきこと、決めたことをやりきるために絶対に必要なこと
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕事用・フェイスブック用自分写真
- 2013/03/05(Tue) -
昨年夏から顎鬚を蓄え出し、仕事用のホームページ、名刺、そしてフェイスブックやツイッターの画像を変えなきゃなぁとずっと考えていました。

なかなか忙しくて撮影できませんでしたが、先週金曜日(3月1日)に、やっと時間を作って写真館に行ってきました。

大阪の近鉄山本駅前にある、全国区で有名な写真館、岡本スタジオでお願いしました。

オーナーフォトグラファー岡本昇氏自ら撮影してくださいました。

岡本氏は、日本写真館協会の副理事長で国際交流部でアジアプロ写真家連合担当という国際派、

テレビにも何度も出演しておられ、円広志「よーいドン」の「隣の人間国宝」認定者です。

実は私の高校の同級で、ちょっと誇らしいのです。

ものすごい芸術性の高い写真をおとりになりますが、

最近、フェイスブックやホームページ用の写真撮影を格安料金で始められ、そのコースを利用させて頂きました。

5ポーズでなんと9,800円、普通だったら3万円ぐらいはするんじゃないかなと思います。

というわけで、一枚目
背景が白というのは意外に珍しい気がしますが、いろんなことに使いやすい、私自身の実力の500%ぐらい出ているお気に入りです。
temp01.jpg

顔の向きを変えて、二枚目
temp02.jpg

そして、背景を変えて、三枚目
temp03.jpg

他にも、証明写真用として正面の写真なども撮っていただきました。

使う写真によってイメージは大きく変わります。

世界中からアクセスのあるインターネットの世界、誰が見ているかわかりません。

投資とは呼べないぐらいの少額の投資で、自分自身を表現する。

必要なことだと思います。

東日本大震災復興支援チャリティーセミナー受講者募集中!
→ 東日本復興支援チャリティーセミナー2013 in OSAKA

超少人数・短時間・低価格の社会人のゼミ、櫻みち経営塾の経営ゼミ
→ バランススコアカード戦略事例演習
→ やるべきこと、決めたことをやりきるために絶対に必要なこと
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。