スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
他社が追随しにくい施策
- 2013/01/30(Wed) -
ご存知の方も多いと思いますが、

スターバックスでコーヒーを注文するともらえるレシートを使うと、同日であればどこのスタバ店舗であっても、もう一杯コーヒーが100円で飲めるサービスがあります。

昨日このサービスを利用して、気づきました。

もちろん、会計的に言うと、変動費であるところの材料費や消耗品費(販売用資材費)などたかがたしれていて、おそらく50円もしないでしょうから、100円でも十分利益が残ります。
増分利益が重要ですから、固定費は考える必要がありません。

固定費は一杯目の正規料金で回収すれば良いのです。2杯目を販売することで固定費が追加で増えることはありません。

でも、もうひとつ結構大事なことに気づきました。

スターバックスは全て直営で店舗展開をしているという点です。

タリーズなどはFC(フランチャイズ)展開がメインですから、他の店舗で100円、などというのは後々の精算が面倒でやりにくいのではないかということです。

他社が追随しにくい施策を講じて顧客を囲い込むやり方、小さいことのようですが立派な戦略です。


sakura_road_logo_very_small.jpg
超少人数・短時間の社会人のゼミ、櫻みち経営塾の経営ゼミ

超少人数・短時間、講師との距離がほぼない、実践的な学びはこちらです!
スポンサーサイト
この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。