スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営計画は業績を向上させるか?
- 2011/06/26(Sun) -
 昨日参加した日本管理会計学会で一番面白く感じたのは、甲南大学の新井先生が発表された「経営計画が企業業績へ与える影響についての経験的な検証」でした。

 この研究は、経営計画についてのアンケート調査結果と、ROAとの相関関係を分析したものでした。

 ちなみにここで言う経営計画とは、3ヶ年などの中期経営計画のことを言っています。

 統計的処理の結果として得られた結論として面白かったのは2つあります。

(1)主に外部報告を目的に経営計画を作成している企業の業績が比較的悪い
  「ジェスチャー」としてのプロセスは、外見を取り繕われることにより経営上の優先順位を歪めるため、負の影響をもたらすと言える、と説明されました。

(2)前進ローリングプランを作成している企業の業績が比較的良い
  前進ローリングプランは、下図の通り、毎年中期計画を見直して、都度1年ずつ伸ばしていく計画で、
  定期的かつ強制的な計画の更新は、安定性を従業員にもたらさず、有用性が高いと説明されました。

RollingPlan_s.jpg


 前進ローリングプランは毎年中期経営計画を立てることが要求され、その負荷は結構高いですが、常に環境変化を身近に感じ、自らを変化させ続けるという意味で、業績をドライブするようです。

 非常に興味深く、かつ有益な研究でした。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中


管理会計・財務に関するコンサル・研修・セミナー
ハービスト企業経営研究所



  
スポンサーサイト
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。