スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
管理会計の研修ならgoogle第1位
- 2011/05/30(Mon) -
 会社の数字には意外に落とし穴がたくさんあります。
 
 専門家でも間違った使い方をしていることはめずらしくありません。

 落とし穴に落ちず、損をしない、

 得るべき利益は確実に得る、

 課題を迅速に解決して儲ける、

 更に、人も活性化し、稼ぐ集団を作り出す

 そんな管理会計の使い方はどんな人であっても、ビジネスパーソンと名がつけば必須です。

  ○実際原価が最も正確な損益計算に役立つ
  ○本社費の配賦は可能な限り正確にしなければならない
  ○固定費は固定的な費用である
  ○限界利益率が高い製品ほど稼ぐ力がある
  ○損益と損得とは同じだ
  ○流動比率で短期支払い能力がわかる

 ひとつでもYesがあったら、あなたは既に数字の落とし穴にはまっています!

 今日現在、google、検索キーワード「管理会計 研修」で第1位
 →
    

 ちなみに、google、検索キーワード「管理会計 セミナー」では第1位・第2位
 →
    20110530No12.jpg


 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中


管理会計・財務に関するコンサル・研修・セミナー
ハービスト企業経営研究所
スポンサーサイト
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Google検索第2位
- 2011/05/28(Sat) -
 googleでキーワード「管理会計」で検索すると、今現在、Wikipediaに次いで、第2位に表示されています。

20110527No2.jpg

 google、わかってるじゃないか!

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(1) | TB(0) | ▲ top
材料費削減の最終兵器
- 2011/05/27(Fri) -
 今日、とある大学の教授・准教授、そして大企業で生産技術をしておられたコンサルタントと私の経営塾で打ち合わせをを行いました。

 内容は、主に製造業において材料費を中心とした投入財の大幅な節約に貢献するノウハウについてです。
 教授は、このノウハウを特に関西エリアの企業に広く普及し、関西発で日本を元気にするということに強い想いを持っておられます。

 近々研究会を立ち上げることになりました。

 是非ご期待下さい。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新規事業とこだわり
- 2011/05/25(Wed) -
 昨晩は、中小企業家同友会東大阪西支部の例会に参加しました。

 経営者による報告を受けて、恒例のテーブル討論をしました。

 テーマは、「新しい取り組みをどのように行うか」

 私は次のようなことを話しました。

 ○報告者のように他社との連携の中で新たなシーズを発掘するのは非常に有効

 ○きっと、連携する中で、自ら気づかない自社の強みが明らかになるのではないか。そこに「こだわり」がみいだせるのだろうし、みいだすべきだ。

 ○自らの強みを自ら再発見する努力も必要。その為には、開発-受注活動-受注・・・納品-回収に至るビジネスプロセス全体を眺めてよそにはない独自性を探索することも大事

 ○一方ではシーズ指向に成りすぎるのも問題で、顧客・市場との対話をきっちりおこなって、声を聞くことで極端なプロダクトアウトの思考にならないように努めることも大切

 東大阪西支部の例会への参加は初めてでしたが、非常に盛況で活力を感じる例会でした。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然エネルギーだけで全然大丈夫!?
- 2011/05/24(Tue) -
 今日は今マスメディアでもひっぱりだこの飯田哲也氏の講演を聞きました。

 今、仮にすべての原発を停止したらどうなるか。

 確かに厳しいが、全くどうにもならないほどのレベルではないと氏はおっしゃいました。
 そんなことを心配する前に、そもそも今後1年以内に全ての原発は定期点検にはいりますから、再稼働を地元とが認めるのかどうかもわからな、うーん確かにそうかもしれません。

 世界の原発の平均的な寿命は大凡22年(福島の40年はすでにに異常とのこと)、今後新規の増設が不可能であることをとこの平均寿命を前提に考えるといずれにしても、2020年頃には、原発発電量は総需要の10%にしか満たないとか。

 でも安心、実は既に太陽光発電は原発よりもコスト安になったとの報告もあるとか。

 それに日本を除く多くの先進諸国では、極めて傾斜的な自然エネルギー(風力、太陽光、バイオマスなど)への投資が進んでいるということなのです。

 日本は自然エネルギー分野で大きくシェアを落とし続けているのです。

 日本は政官財で、「自然エネルギーが頼りにならない」といったキャンペーンを繰り返し、原発への誘導を行うという犯罪的行為をやってきただけで、実は、自然エネルギーは、安心で、化石燃料にも依存しないためCO2削減に貢献するばかりか日本からお金が流出する事を防ぐという意味でも経済性が高い、ちなみに電気料金もほとんど上がるわけではなく、中期的にはむしろ下がることになるとのことでした。

 立場が変わると、主張は変わるのだろうとは思いますが、たくさん説得力のある事実を示して頂きました。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 持続可能性・環境経営 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
政府が教育に大盤振る舞い
- 2011/05/23(Mon) -
 使っている企業は使っている、使わない企業は使わず損をする、

 助成金担当者はおっしゃいます。「こんなに色々助成金あるのに、使う企業はほんの一部です」

 例えば雇用調整助成金、

 次のいずれかの生産量要件を満たす事業主には助成金が支給されます。

I 売上高又は生産量などの事業活動を示す指標の最近3か月間の月平均値がその直前3か月又は前年同期に比べ5%以上減少していること。

II 円高の影響により生産量、売上高などの回復が遅れている事業主であり、生産量等の最近3か月間の月平均値が3年前同期に比べ15%以上減少していることに加え、直近の決算等の経常損益が赤字であること(ただし、対象期間の初日が平成22年12月14日から平成23年12月13日までの間にあるものに限ります。)

 助成金として、例えば、

○休業を行う場合は、休業手当相当額の2/3(上限あり)
○教育訓練を行う場合は、
 賃金相当額の2/3(上限あり)
 上記の金額に事業所内訓練の場合1人1日2,000円を加算
       事業所外訓練の場合1人1日4,000円を加算

 教育訓練期間の賃金の2/3を助成してくれるにとどまらず、教育研修にかかわる費用まで面倒を見てくれます。

 使えるのは、中小企業に限るわけではありません。

 こんな大盤振る舞いして財政は大丈夫かと心配ですが、どうせ支給されるのですから、この国を立て直すための人材育成に有効に活用する、真剣にそのことを考えて活用されてはどうかと思います。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引き出しを増やす会
- 2011/05/22(Sun) -
 高校の同期の仲間で、「引き出しを増やす会」というのをやっています。というより、私は聞かせていただき引き出しを増やさせて頂いているわけですが・・・

 昨日は久しぶりに同会が開催されました。

 演者は豪華絢爛でした。

 一人目は、超一流でテレビにも何度も出ているフォトグラファー、魅惑の写真の世界を1時間あまり豊富な画像を駆使してお話してくれました。
 → 岡本スタジオ

 二人目は、国産ロケットの開発者、ロケット技術の難易度の高さがよくわかりました。

 3000度とマイナス250度とが壁ひとつ隔てて同居する世界

 秒速10km=東京大阪間約50秒、これが引力圏から脱出するための必要スピード、、、驚きです。

 そして、ロケットは、人工衛星が、軌道に乗るように、引力と遠心力とが丁度釣り合うような速度を与えるという実に精度の高い任務を負っていること・・・

 面白かったです。

 三人目は、小児科医、被災地岩手に診療に行って来た一部始終を語ってくれました。
 努めてユーモアを交えてくれましたが、やはり、そこには言葉では言い表せない悲しさがありました。

 たくさん引き出しを増やしてもらいました。

 同窓に感謝です。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
間接コストカットのあり方
- 2011/05/02(Mon) -
 以前、国家がこの緊急時にあたり、「国家公務員の人件費を一時的に一律カットする」という報道があった折、一時的ではなく、業務の効率化によって恒久化するべきだろう、とTwitterにてつぶやきました。

 そして、一昨日、一律1割カットが言われた折、友人と意見交換をし、改めて考え方を整理してみました。

 まず、何でもかんでも十把一絡げにしてはいかんという点です。

 一般論としては、民間に比べて公務員は優遇されているということが言われますが、それも色々温度差はあるでしょう。
 非常に高い人件費生産性をあげている人もいれば、給料泥棒のような人もいるでしょう。

 故に、業務分析によって、誰がどの程度優遇されているのか、あるいは冷遇されているのか、そのことをはっきりさせねばなりません。

 従って、差をつけず一律にカットというのは、生産性の高いセクターでのモラールダウンにつながる愚策ということになります。

 そして、「給与カットは上から」これは民間では常識です。

 以上から、国家としてやらねばならないことは、

 まず
 ○カット総額目標を決める

 次に、
 ○上、この場合は、国会議員と高級官僚、そこのムダを省かないといけません。

 人件費だけでなく、利権がらみなどで巨額のムダをしているでしょから、国家存亡の折、そんな膿も出したいところです。
 少なくとも、批判ばっかりやって、人の足を引っ張ることだけに熱心な人たちにはこの際ひいていただくべきでしょう。

 そして、
 ○仕事のやり方を変えて効率化をはかる。やり方は一杯あります。

 事業仕分けなんていう生半可なやり方ではなく、私としてはここはゼロベース予算を提案したいところです。
 業務の機能分析を行い、VE手法によって根本的に仕事のやり方を改めることもたくさんできるでしょう。

 結果として、
 ○全体として人が余りますから、この国の新たな付加価値を生み出す仕事に人をシフトしていただく

 その際、余った人をここに振り向けるよりも、優秀な人に新たな分野にチャレンジしてもらうというのはポイントです。

 効率的に仕事をすることも、新しいチャレンジもできない人は、国家存亡の折、去って頂くしかありません。

 そして、
 ○能力と成果によって、ある程度の差をつける。

 これはやりすぎると、真ん中6割ほどの人のモチベーションを著しく下げてしまうので慎重に行う必要があるとは思いますが。

 ここまで書いて思いました。私みたいなコンサルタントに国家のそんな重要な仕事が回って来ることは多分ないでしょうから、

 その意味で、私も批判ばっかりしている人になってしまうなぁ、、、

 心苦しい限りです。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 経営改革 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。