スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アバターで感じたこと
- 2010/01/28(Thu) -
 「アバター」3D版を見ました。

 これまでの3Dとは一線を画している感じがします。これまでのもののように、必要以上に動物や物が派手に画面から飛び出してくることはありません。
 むしろ、奥行きを強調する仕上がりになっています。
 長時間の上演(2時間半程度)なので、刺激を抑え気味にしているのでしょうか。

 それにしても、その映像は圧巻でした。
 メカや動物のデザインと動き、野山の描写、そしてストーリー、あれだけの”ソフト”を生み出すハリウッドのエネルギーのすごさを感じました。

 そう、今や冨はソフトを生み出す者に集まるようになりました。

 自動車産業において、電気自動車への流れが加速し、内燃機関を備えた従来の自動車に比べて技術の蓄積が必要なくなってきているようです。
 その結果、次々と新興国において自動車産業が勃興しています。

 そうなると、ハードだけで差別化することは益々難しくなってきます。そして、コスト競争力がものを言うようになり、日本は苦しい戦いを強いられるようになります。

 「ハード、ソフトなければタダの箱」

 でも、

 「ソフト、ハードなければタダの虚像」とも思うのですが・・・ 

 単なる部品を集めて組み立てるというだけなら、コストとマーケティング力がものを言うことになります。が、日本にはまだまだ高度な部品の設計技術や加工技術・技能などを武器に競争優位性を持つ企業はたくさんあります。

 ただ一方で、ハードをになう日本の製造業も、ハードにソフトを付加し、付加価値を高める努力が一層大切になっています。

 昨日ある研修会で事例研究に使わせていただいた「ホギメディカル」という会社があります。

 この会社は医療用消耗品の製造販売会社ですが、よくよくその事業の中身を見てみると、もはや単なる製造業とは言えません。というより、この会社が売っているのは、「効率的な病院運営のノウハウ」なのです。

 さて、この映画、十分楽しませて頂き、こんなことも考えさえて頂き、十分2,000円の価値はあります。

 それだけで満足していれば良いのですが、、、ちょっとへそ曲がりな感想も述べてみたいと思います。(家内には、「そんなこと言わず、娯楽映画なんだから」って言われましたが・・・)

 ストーリーそのものは、アメリカ合衆国が過去においてアメリカ大陸や発展途上国で行ってきた悪行をそのままSFにしたようなものでした。
 ネイティブアメリカンの土地を奪い、ハワイを併合し、フィリピンで大量虐殺を行い、ベトナムで枯れ葉剤をまき、グレナダに侵攻し、、、

 その意味で、自分達の歴史の中の暗部・恥部をえぐりだすことにもなる映画を大枚をはたいて制作するとことに、逆説的ではありますが、アメリカ人のある意味偉大さを感じもしました。

 批判精神が生きている、そしてそのことを表現することについてためらわない、タブーや既得権から自由である。日本は大いに見習わねばなりません。

 一方でアメリカの価値観、この世には正義と悪しかない。正義は悪をとことん根絶やしにする権利がある。たとえ勘違いにより悪に加担している者であり、その者には家族や愛する人がいても、容赦するべきではない。

 味方の勇気を鼓舞するために雄弁に語り、雄叫びをあげる、この映画では人類を敵に回したナヴィの勇者が行います。
 インディペンデンス・ディでアメリカ大統領が行った演説を思い出しました。

 おおらかさと潔さ、そして単純さ、アメリカ人の一面なのでしょうか。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中高校での天体観望会
- 2010/01/23(Sat) -
 今日は、常翔啓光学園という大阪の中学・高校一貫校で、天体観望会を実施しました。

 観望会の前に教室でパワーポイントとプロジェクタを使ってプレゼンをしました。

presen20100123.jpg

 教室一杯の生徒さん、ほんと素直そうな瞳をキラキラさせて話を聞いてくれました。
 話の聴き方、うまいなぁ、などと思いながら、ものすごく気持ちよく20分間話をさせてもらいました。

 そしていよいよ、観望会。

 まずは、国際宇宙ステーションです。

 18:40、誰かが、「あっ、あれやっ」って叫びました。
 「えっ、まだ1分あるよ」って思って見上げると、光が点滅していました。
 「あれは飛行機やなぁ」
 すっと、緊張がほどけました。

 そして、思ったより北よりの空から、シリウスの倍ぐらい明るい国際宇宙ステーションが見え始めました。

 その後は、月、冬の大三角、オリオン座大星雲、プレアデス星団(すばる)、火星と順に、望遠鏡と対空双眼鏡で観望しました。

 いつものことですが、望遠鏡を覗いた、その瞬間にあがる感動の声
「すご~い」「これっ、ヤバイ」
なんてのを聞くと、ホントこの場にいて良かったって思えます。

ひとに喜んでもらえるってことがこんなにも嬉しいことだということを改めて感じさせてもらいました。

 終わってから、生徒さんの代表者から、ものすごく上手なお礼の挨拶をもらいました。
また、季節ごとにやってほしいと、、、反射的に「またやろう」と応えてしまいました。

 今回の観望会実施にあたって、ご尽力いただいた、仲間、教員の皆さん、そして何より寒い中好奇心を膨らませつき合ってくれた中高生の皆さん、みんなに感謝します。

 無茶苦茶良い日でした。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中小企業家同友会という組織
- 2010/01/22(Fri) -
 昨年中小企業家同友会に入会しました。

 驚くほど、真摯に経営を学び合う会です。

 今日は、新年第1回目の例会に参加しました。

 テーマは、「リーダーとしての覚悟はできているか」でした。

 それぞれの思い、考えが述べられました。

 私は、コンサルタントとして、クライアント先企業の従業員の皆さんとの濃密な対話をベースとした貢献~これはいわゆる既存のリーダーシップの概念とは異なりますが~について語りました。

 厳しいつっこみがありました。

 「先生方(その場には私以外にも士業の人間が2人いました)の話はわかりましたが、そのためにどう学んでおられるんですか?」

 同友会の良いところは、歯に衣着せず厳しい話をできるところ、そんなふうに感じました。

 「いやー、いい話をありがとうございました」と言われても、何の学びもありません。

 そうです、この方の質問への答はまさに、「この方の厳しいつっこみのような人間と人間との議論や対話、そのことから学ばせていただいている」ということなのです。

 中小企業家同友会という組織、初めて好きになれそうな組織です。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
理念経営
- 2010/01/13(Wed) -
 中小企業家同友会の新年会に参加しました。

 中小企業家同友会は、理念経営を大事にする中小企業経営者の会です。

 新年会に参加しておられたある経営者とお話をしました。

 「理念経営」いつもそのことを考えて経営しているが、なかなか本当の答がみつからない、とおっしゃっていました。
 まるで求道者のような経営者でした。

 こんな環境下ですが、業績は非常に安定しているとのことでした。

 お金を追いかける経営をしている会社ほど今のような環境下では苦境に立たされているケースが多いとのこと。

 経営目的と業績の相関関係、是非調査してみたいテーマです。

 企業経営の目的は何なのか?

 利益を超えたところにあるものとは?

 「ひとに喜んでもらうこと」これははずせない要素とのことでした。

 そして、経営者は変なこだわりを持たず、物事の本質を見る目を持つ、そのことで、例えば隠れた人材を発掘したり、採用においてもダイヤモンドの原石を探り当てることができる、ともおっしゃっていました。

 本物の経営を探求なさるお姿に感動しました。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
計画の推進の為に
- 2010/01/12(Tue) -
 私が主宰する、「櫻みち経営塾」では、塾生から提起された経営課題を題材に、塾生全員でそれぞれの経験と智恵をメーリングリストやリアルのミーティングで出し合い、相互作用・融合を通じて、経営ノウハウ構築を行うという新たな取り組みをスタートしています。

 最初のテーマは、「中期経営計画」の推進です。

 あくまで、この議論は塾内のクローズドなものですから、これをこのブログでオープンにすることはできません。

 ですから、私自身がこのテーマについて、どんなことを考えているか、そのごく一部を簡単にお示ししておきたいと思います。

 ポイントはたくさんあります。

 その多くは、計画立案プロセスにあります。

 例えば、

 ・トップがどれだけ本気を示したか
 ・過去と現在についてしっかりと反省したか
 ・延長線上にどのような悲観的な未来があるかを示したか
 ・戦略と連動した業績評価指標を設定したか
 ・計画実現時の明るい未来を具体的に示したか
 等々
 他にもたくさんありますが、いかがでしょうか?
 この程度は、多くの人が思いつくではないでしょうか?

 ただ、もうひとつ大切なこと、非常に生々しい視点があると思います。

 それは、「心」の問題です。

 論理だけで人間が動くことはありません。

 本当の意味で、人をその気にさせ、持てる力を引き出すには、「心」つまり「感情」面に配慮することが必要です。

 その点について、ジョン・コッターは「危機意識」の重要性として強調しています。

 そして、計画推進においては、私は極めて日本的と言われますが、非公式の人間関係の構築が非常に重要だと考えています。

 例えば、現場の責任者と対話する。その目的は、
 ・現場の情報を得る
 ・現場に耳を傾ける姿勢を見せる
 ・根回しをする
などなど、あると思いますが、それと同時に、「お前が言うんだった、なんとかひと肌ぬいでやろうか」的な人間関係の醸成という視点は無視できません。

 極めて日本的?実はそんなことはありません。メイヨーやレスリスバーグによって提唱された人間関係論は、非公式組織の重要性を訴えています。

 賛否両論あるかもしれませんが、近頃は、私もコンサルタントの立場で、時にはポケットマネーでクライアント先企業の現場責任者と食事やお酒をともにすることがあります。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初釜2010
- 2010/01/11(Mon) -
 今日は、社中の初釜でした。

 朝から先生のお茶室で、社中で揃って点心(おいしい食事)とお酒をいただいた後、お点前をさせて頂きました。

 今年は、台子での重茶碗のお点前でした。

 台子のお点前は頻繁に経験できるお点前ではなく、お稽古だけではマスターは難しく、自宅でかなり準備をしました。

 台子(ダイス)とは、写真の様な棚で、予め、柄杓、水差し、建水、蓋置き、茶入が荘り付けられています。
y10s.jpg

 自宅には台子が無いので、適当な台や杓立の代用として細めの花瓶を使ったりして、練習しました。

 その成果で、かなり手順が多く、複雑なお点前ではありますが、本番もほぼ完璧にこなすことができました。


P1010403s.jpg

 誠に楽しく、気持ちの良い一日でした。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優良衣料品小売業
- 2010/01/06(Wed) -
 年が明けて、こんな経済環境でも好調な会社って、どんな会社なんだろう、とうことが急に気になりました。

 そこで、ROEとROAのランキングを調べてみました。

 上位には、やたらサービス業が目立ちます。

 さすがに、このデフレ経済のさなか、小売業はあまり姿を見せていません。

 が、そんな中に、みつけました、元気な小売。

 衣料品小売業です。

 誰しも、「ああー、ユニクロ(ファーストリテイリング)ね」と思うところです。

 実は違います。

 会社名は、「ポイント」、都心の商業ビル・ファッションビルや郊外のショッピングセンターに12ブランドの衣料品専門店を展開しています。

 「安カワ(手頃な価格で可愛いデザイン)」「プチプラ(プチ・プライスの略で、高価ではないが素敵なファッション)」な若い女性を中心とした衣料品を提供しています。

 決して安いばかりではありません。量販店やユニクロよりも価格帯は高めです。

 でも、驚くほどの収益性を獲得しています。

 直近決算のROEは、
  ポイント 30.4%
  ファーストリテイリング 19.0%
 ROAは、
  ポイント 38.2%
  ファーストリテイリング 22.4%
です。

 この高収益性を支えているのは色々要因があるようですが、一番特徴的なのはそのマーチャンダイジングです。

 ○ターゲット顧客と同世代のデザインの専門技術のない若い社員を商品企画担当者にし、彼女(彼)らが頻繁に店舗に出向き、顧客と直接接することで、ニーズを迅速に吸い上げている
 ○そして、彼女(彼)らに権限を与え、スピーディーに商品企画を展開、企画から店頭に商品が並ぶまで45日という短納期を実現している
 ○販売終了日を設定し、売り切ることを原則としている

 結果、
 ◎商品は常に新鮮、1ヶ月で店頭商品の大半が入れ替わる、とういことは顧客は月に何度も訪れても常に変化を楽しみ、最新のファッションに接することができる
 ◎値引きなしで売り切ることができる
 ◎在庫投資効率を非常に高く維持できる

 なお、このようなマーチャンダイジングを効果的に行うために、非常に効率化された物流と店舗運営システムが確立されていることも見逃せない点です。

 暮れに申し上げた「現場主導、顧客視点、スピード」が見事にビジネスシステムとして具体化された好例を発見し、年初から嬉しい気持ちになりました。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | マーケティング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。