スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奈良マラソンに出場しました
- 2011/12/12(Mon) -
 何か久しぶりに、まともなブログです。

 昨日は、奈良マラソン(フル)に出場しました。

 結果は、完走、ネットタイム4時間22分、グロスタイム4時間26分でした。
4時間半を切れたので、初マラソンとしては、まずまずですが、目標の4時間13分(6分/km)は達成できませんでした。

 一番最初のレース、淀川リバーサイドでリアイヤして以降は、

桜井新春マラソン、初めてのハーフ淀川国際ハーフ、2度目のハーフ和歌浦ジャズとずっと自己目標をクリアしてきたので、その点は悔しいです。

 今回の出場で、まず特筆するべきは、一緒に高校時代の仲間9人が同時出場し、そして、大勢の同じ高校の仲間が応援団として駆けつけてくれたことです。

 高天交差点(近鉄奈良駅前)から始まって、油坂、そしてなんと天理、最後はゴール地点と、めまぐるしく場所を換えて応援してくれました。

 そこには、私の連れ合いと6歳の息子も含まれていました。

 天理では、列車の時間に間に合わせる為に、皆で寒空の中走ってくれたとか。

 直前に仲間から「非常識マラソンマネジメント」なる書物の推薦を受け、これに従って、忠実に2日前からマネジメントしました。

 胃薬を飲む、前日は「走らない、歩かない、立たない」、前屈みにならずに準備する、カフェインをとらない(アルコールは微量とってしまいましたが)、経口補水液OS-1とBCAAを飲む、当日はやっぱり経口補水液OS-1とBCAAを飲み、ゴール予定時間の5時間前まで餅を7個食べ続ける・・・(餅は4個しか食べられませんでした)

 そして、サブフォープランと4時間13分プラン(6分/km)を懐に忍ばせました。

 途中まではずっとひとりの仲間と一緒に走り25kmぐらいまではとっても好調、ほぼ同じペース(5分45秒/kmぐらい)を維持することができました。

 そして、未知の世界、30km超え(ここ2ヶ月の間にトレーニングで30kmを3回走っていました)、30km・35kmには危惧していた壁はありませんでした。

が、高くそびえる数々の登り坂が待ち受けていました。

 これを想定して、山登りの坂道トレーニングなどをしましたが、そんなことで克服できるような甘いものではありませんでした。

 そんな中途半端な努力などあっさりと、跳ね返されてしまいました。

 特に帰路の30km地点以降の登り坂は半分以上、早歩きなどとという真似をしました。

 ここで走ったら完走でけんのではないかという強い不安感がありました。

 歩くのが癖になる、いかん、と思いつつ。

 早歩きって、ゆっくり走っている人と同等かそれ以上に早いなどという、しょーもないことに気づいた次第です。

 最後5km切ってからは、元気が復活、順調に走り続け、スタジアム入口、

 えっ、ずっと違和感を感じていた右足小指が明らかにはじけた感触。

 豆が見事に破裂したようです。

 でも、残すのはスタジアム内のみ、

 アドレナリン全快で、全力ダッシュ、10人以上抜いたかなぁ。

 「そんなけ余力あるんやったら、もっと前でがんばらんかい」
 って後で言われるかな、

などと思いながら。

 気持ちよい終わりでした。

 次はサブフォー目指します。

 最後に、根っからの文化系の私を、50歳を超えてから始めたにもかかわらず、わずか1年4ヶ月でここまで引っぱりあげてくれた、高校の52歳、53歳の同級生仲間に心から感謝します。

 そして、ずっとつき合ってくれた妻子に感謝です。

スポンサーサイト
この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引き出しを増やす会
- 2011/05/22(Sun) -
 高校の同期の仲間で、「引き出しを増やす会」というのをやっています。というより、私は聞かせていただき引き出しを増やさせて頂いているわけですが・・・

 昨日は久しぶりに同会が開催されました。

 演者は豪華絢爛でした。

 一人目は、超一流でテレビにも何度も出ているフォトグラファー、魅惑の写真の世界を1時間あまり豊富な画像を駆使してお話してくれました。
 → 岡本スタジオ

 二人目は、国産ロケットの開発者、ロケット技術の難易度の高さがよくわかりました。

 3000度とマイナス250度とが壁ひとつ隔てて同居する世界

 秒速10km=東京大阪間約50秒、これが引力圏から脱出するための必要スピード、、、驚きです。

 そして、ロケットは、人工衛星が、軌道に乗るように、引力と遠心力とが丁度釣り合うような速度を与えるという実に精度の高い任務を負っていること・・・

 面白かったです。

 三人目は、小児科医、被災地岩手に診療に行って来た一部始終を語ってくれました。
 努めてユーモアを交えてくれましたが、やはり、そこには言葉では言い表せない悲しさがありました。

 たくさん引き出しを増やしてもらいました。

 同窓に感謝です。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハーフマラソン完走しました
- 2011/03/21(Mon) -
 もう昨日になってしまいました。

 淀川国際ハーフマラソン(復興支援)に出場しました。

 初めてのハーフマラソンでした。

 大会には有森裕子さんがいらっしゃてて、と一緒に写真を撮ってもらい、握手してもらい、帽子にサインしてもらい、、、パワーもらいまいした。

 今日の気温は、少し暖かめ、でも、走っていて暑さを感じることもなく、素晴らしいマラソン日和でした。雨も心配しましたが、私のゴールとほぼ時を同じくして降り出したという感じで、理想的な天候でした。

 スタートのピストルが鳴っても、周りが暫く動き出さないほど、後方からのスタートでした。

 スタート直後に有森さんにハイタッチしてもらい、快調なスタートでした。

 が、前がつっかえて、なかなか前へ出られない、ちょっといらっとしながらの序盤5kmぐらいでした。
 いま思えば、この前半でもうすこし稼いでおきたかった。

 RunKeeper(iPhoneのソフトでGPSと時計でラップタイムを音声でレポートし続けてくれるペースメーカーで、同時にライブでWeb上で状況を報告してくる)では、ターゲットタイムを5分40秒に設定していました。

 5km・10km・15kmと、自分でも驚くほど快調で、大きなペースダウンなく走ることができました。

 苦しい局面も何度もありましたが、被災された方々のご苦労を思うと何ほどのことか、と思いながらモチベーションを維持しました。

 それから、RunKeeperのライブは、走る側にはものすごいモチベーションになります。

 ライブを見てくれている友人などが、「おおー、果敢で攻めてるぞー」などと言わせたいなぁ、「あー、根性ないなぁ」などと言わせたくないなぁ、などと思いながら走ったわけです。

 ま、いわば、友人達にずっと後ろから押してもらっている、そんな感覚で走り続けたわけです。

 世の中進歩しました。

 ところが、あと3km、よしっ、最後のスパートや、と思ったところから、足が前に出なくなりました。
 前へ出しているつもりなのに、ラップは落ちる一方、

 最後1kmあたりから、最後の根性見せたるっ!、も気持ちだけ、、、ただただ、前へ前へと心の中で念じながら、でも足は思ったように前にでていない、そんな感じのラストでした。

 手元時計では、2時間3分55秒、本人としては満足な成績です。が、ここまで来たら2時間を切りたかったというのも本音です。

 でも、久しぶりに味わう本物の充実感でした。

 次は、フル?それともハーフ2時間切りに再挑戦?
この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
上間綾乃三線教室
- 2011/02/28(Mon) -
 今日は午前中は、お茶のお稽古

 比較的簡単なお手前だったので、少しだけ後輩の指導をさせてもらいました。

 そして、午後は沖縄の人気三線奏者・歌手・女優の上間綾乃先生の三線教室に初めて参加しました。

 綾乃先生、絵に描いたような沖縄美女で、ちょっとドキドキしてしまいました。

 → 上間綾乃先生の写真

 初級コースと思いきや、いきなり全員(12名ぐらい)で安里屋ユンタを合奏、、、

 安里屋ユンタは、ここ1カ月ほど、重点的に稽古していたのですが、工工四(三線特有の楽譜)にかなり違う部分があって、そこでつまって、なかなかついていけませんでした。

 綾乃先生からは、直接三線の持ち方、バチのあて方、弾き方、癖を思いっきり直していただきました。
 初めての工工四で初めての弾き方で、汗たらたらでした。
 工工四、違うのは全体の1割も多分ないのですが、そこでつまるので、もうぐずぐずでした。(^^;)

 でも、このタイミングで教室に行って良かったと思います。

 変な癖が固まるところでした。

 それに、綾乃先生の生唄を間近で聞けるなどという贅沢を味わいました。

 今日は一日趣味三昧、さて、明日からまたエンジンかけてがんばります。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
無料でこれだけのサービス!



この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三線は楽し!
- 2011/02/13(Sun) -
 昨年12月からずっと友人に借りた練習用の三線「ウッド三線」で練習してきましたが、やはり、ほんものの三線が欲しくなり、買ってしまいました。

画像 008_R

 ニシキヘビの本皮強化張りの、ヘビ皮柄も美しい三線です。

画像 009_R

 でも、三線の価値を左右するのは、棹の材質と出来具合。

 最上級は八重山黒檀ですが、何十万円~何百万もする芸術品で、手が出ませんでした。

 買ったのは紫檀系の木で作られ、木目の美しさを見せるための特殊な塗装「スンチー塗り」のものにしました。

画像 011_R

 毎日弾いています。いくら弾いても弾き続けたくなります。

 そして、いつまでも見ていたい美しさです。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
無料でこれだけのサービス!



 

この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。